大牟田市庁舎Tシャツ

¥ 3,300

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    ポスト投函となります。

    全国一律 188円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

大牟田市庁舎Tシャツです。
1936年完成、戦火にも耐えた貴重な官庁建築物「大牟田市庁舎」。
市庁舎の魅力を伝えようとTシャツにしてみました。

売上の10%は、大牟田を活性化させる事業に使わせていただきます。

下記大牟田市ホームページより転載
-----
現在の大牟田市庁舎(本館)は、旧庁舎が1933年(昭和8年)5月の火災により焼失し、それに伴い同じ場所に建設されたものです。

建設にあたっては、市庁舎建設委員会を設置し、51回もの協議と先進都市の調査を行い、当時の福岡県営繕課の計画案の基礎に調査・研究を重ねたすえ、焼失から1年半後の1934年(昭和9年)10月、ようやく新庁舎の建設に着手しました。

当時の建設技術の粋を結集し、さらに1年半の工期を経て1936年(昭和11年)3月に落成しました。

 建築様式としては、「近世式鉄筋コンクリート四階建」と呼ばれる様式で、中央に塔屋4階を配し、優美でモダンな建物として、官公庁に広く用いられましたが、現在となっては、非常に珍しい建造物となっています。

本市の都心部のほとんどが焦土化した第二次世界大戦の戦火にも耐え抜いた貴重な建造物であり、戦火を耐え抜いた“証”として、戦時中使用された、
 1.高射砲の台座(屋上北側)
 2.防空監視用のコンクリート製哨(屋上南側)
 3.防火用水槽(本庁舎中庭)
などが今も残されています。

防火用水槽にいたっては、非常に小さなものですが、今もなお手洗い場の水受けとして利用されています。

庁舎内部は、基本的には建設当時の漆喰壁であり、大理石を利用した階段や廊下もそのままですが、老朽化とニーズの変化に合わせ、木枠の窓からサッシへと、また、空調設備の設置、OA化の進展に伴うOA機器の新たな設置、改修工事など、建設当時のいでたちはなくなりつつあります。

そのような中でも、現在の市民協働総務課や教育委員会事務局の執務室には、飾りが施された天井や漆喰壁、今は使用されていないマントルピース(暖炉)など、建設当時そのままのものも残されています。

【参考】当時の建設費用
建築工事費 177,140円
基礎工事費 15,224円
その他工事費 63,345円